白髪染めの日常の色の選び方とは

白髪染めは、白髪の量により、白髪よりも黒髪の方が暗めに染まるため、仕上がりに違いが出てきます。

日常の白髪染めの選び方として、白髪と黒髪の割合が重要となってきます。

白髪を染める人でも、ほとんどの人は黒髪と入り混じった状態で染めるので、希望どおりの色味に仕上げるために、
白髪と黒髪の割合を把握することが大切です。

白髪染めをする際に、白髪の量が少ないほど暗く感じ、白髪の量が多いほど明るく感じる色になります。

色は白髪の量を考えて決める必要があります。

日常的に使う白髪染めの色選びに困った場合には、
まだ、白髪の量が少ない場合には、希望よりも少し明るめのものを選ぶことが大切です。

それぞれ白髪染めには、仕上がりの明るさを示す番号が付いているため、
その番号が1つ明るい商品を選べば失敗が少ないです。

また、希望よりも暗く染まったものを明るく染め直すのは難しいため、はじめは明るい色の方が安全に染めることができます。

日常的に美容院でカラーリングなどを行って染めている方の場合、
髪を傷めないようにするため、市販のものよりも弱めのものを利用している場合が多いため、
日常的に美容院を利用していて暗いと感じる場合があります。

もし、明るめにしたい、市販の強いものを選べば明るく染まります。

ただ、頻繁に染めるというわけではない場合、濃い目のものでも、時間経過で褪せてくるため、
時間がたてば自然な感じに仕上がるという場合もあるため、
その時々によって濃い目のものを選ぶか明るめのものを選ぶか変えることも白髪染めをする際には有効です。